フィンランドのイクメン事情

フィンランドには、「イクメン」という特別な言葉はありません。男性も育児をすることは普通なことなのです。待機児童問題を抱え、仕事と育児の両立が難しい日本にとって、フィンランド方式は理想の形と言えるでしょう。
フィンランドの男性会社員の育児休業取得率はなんと80%以上です。
育児休業を取得する日本の男性会社員はまだ2%台と、日本の「イクメン浸透度」はまだまだです。少子高齢化が進む日本社会で、女性は経済を支えるパワーとして、ますます必要となるでしょう。しかし、日本の男性会社員は育児をしたくないわけではありません。東京都が2006年に実施した調査で、彼らの約69%は、「育児休暇を取得したい」と答えています。単純計算すると、父親の約65%が「育児休暇を取得したいのにできていない」状態なのです。その理由の多くは、「育児休暇について理解のない上司や同僚の視線」や「自身のキャリアへの影響」です。これではせっかくの育児休暇制度も意味ありませんね。
フィンランドのイクメンたちは、「父親が育児に関わる上で、仕事と家庭育児の両立は重要だ」と話しています。「特に子どもが歩けるようになってからは、あちこち動きまわるので家事が大変でした。オフィスでの仕事と比べても育児はやはり大変です。改めてこれまで育児をしてきた両親や妻に対して尊敬の念を抱きました。」と話しています。

また、フィンランドは仕事に対する考え方も違います。
「基本的に、朝9時から夕方17時までの8時間働き、残業はしない」そうです。残業をする人は全体のわずか10%。夜遅くまで残業をするのが当たり前の日本人からすると羨ましいですね。 「仕事が終わるとすぐに帰宅し、子どもと遊び、夕食を一緒に食べて、一緒に歯磨きをし、子どもを寝かしつける。」というのがフィンランドのイクメンたちの日課です。「家族との時間はお金よりも尊い」という北欧の考えが感じられます。

 

 

女性が一生涯で出産する割合、「合計特殊出生率」の日本の1.39に比べて、フィンランドは1.83と上回っています。

フィンランドの場合、子供を産んで育てる上で経済的な問題は妨げになりません。日本では2人目の子供を育てる費用をどうしたらいいのだろうかと考えてしまう人が多いようですが、フィンランドでは医療や教育の手厚い支援があります。小学校から大学まで教育費は無料で、誰でも平等に教育を受けられるよう保証されています。フィンランドは日本と同じく、資源の少ない国なので、自分たちの脳こそ最大の資源と考えます。だからこそ、子供の教育に力を入れているのです。そんな日本において、イクメン先進国フィンランドの「イクメン・メソッド」が、家族の絆を深め、国の経済成長をも後押しする、フィンランド流の子育てスタイルが必要です。

フィンランドでは、仕事が終わるとすぐに帰宅し、子どもと遊び、夕食を一緒に食べて、一緒に歯磨きをし、子どもを寝かしつけるために毎日15分間絵本を読み聞かせをする父親が多いのです。
「家族との時間はお金よりも尊い」というのがフィンランドの基本的な考え方なのです。そんなフィンランド式の父親と子供の関わり方、絵本の選び方と読み聞かせのコツ」など、イクメンの「読みメン」の第一歩を応援する内容となっている親子、夫婦で受講いただくアクテイブラーニングの講座です。

フィンランドの保育事情

フィンランドの母親(日本でいう産前産後)休暇は産前30~50日からの105日、約4ヶ月。子供が3ヶ月になったら終了します。はじめの56日間は給与の約90%、それ以降は70%が支払われます。
父親の育児休暇は9週間取得できます。3週間までは母親が休みでも一緒に取得できる制度です。


フィンランドの特徴的な育児制度に「家庭保育給付金」があります。3才までは保育施設に預けなくても、家庭で保育すれば平均月800ユーロ(10万円強)の手当を支給されます。
フィンランドの保育園などのサービスは、親の就業の有無に関わらず全員が利用できる権利があり、保育園は月約200ユーロ(2013年調査)。特徴的なのは、「遊びがすべて」というコンセプトで、勉強の要素は一切ありません。



また、フィンランドでは子供を持った両親に、子育てアドバイスが書かれた小冊子やフィンランドでは政府から「母になる人への贈り物パック」、フィンランド語で「アイティウスパッカウス」がプレゼントされます。1937年にスタートしたフィンランド独自のサービスで総額およそ270ユーロ分で、赤ちゃんのお世話に必要なアイテムの数々が入っています。パックの代わりに現金で受け取ることも可能で、その場合は半額の140ユーロが支給されます。
また、フィンランドの保育園では、Facebookなどのソーシャルメディアを利用して、日々の活動の様子がわかるようになっています!

【参考文献】 

*アンニカ・ソーデルブロム/フィンランド社会保険庁

 この写真はフィンランドの首都、ヘルシンキにあるカフェバーの一角です。なんとバーカウンターに託児スペースがあります。まず、日本では考えられませんね!

© 2016 NPO,Finland method Human Resource Development Institute 

  • フィンランド式facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus
  • w-youtube