FINNAIR promotion video from YouTube

フィンランドってどんな国でしょうか?
日本人にとても気質が似ています。 最初はとっつきにくいとのことですが、時間とともに人間関係が濃厚になってきる国民性といわれています。日本とほぼ同じ大きさで人口は約550万人です。
あの日露戦争で無敵バルチック艦隊に圧勝した日本ということで、親日派の方が多いと言われています。
当時、圧政ロシア帝国に長く植民地とされていたからでしょう。
また、意外に知られていないのが、銃の保有がアメリカがトップに続いて世界第3位です。しかし、銃は猟銃がメイン。国土の3分の1が北極圏という土地柄猟銃が必要なんでしょう。治安はとても良いと言われています。

そして、サンタクロースの生まれた国でもあります。

Finnish Excellence in Education - Education Finland
Want to learn from the best? Learn from Finland
The nature of a child is to want to know new things, to be inquisitive, curious about the world around them, and to experiment with what they learn. Finland’s education system builds on this, taking advantage of the natural curiosity and placing it at the heart of education planning and curricula.
Finland has compelling credentials in providing pedagogical expertise, innovative technologies and programs for learning, as well as physical products to improve the environment and conditions for learning. Our solutions are offered to organizations, institutions and companies all over the world who are interested in customized, made-to-measure educational solutions from Finland.
https://www.educationfinland.fi/why-finland

Finland Photos Gallery
Finland national anthem
フィンランド共和国 国歌

フィンランド共和国の首都ヘルシンキは、陸地面積約210平方キロメートル(東京山手線内の面積の約3倍あまり)のエリア内に約62万人が暮らしており、一国の首都にしてはとてもコンパクトで落ち着きのある、穏やかな港街です。


バルト海に面しているので、港の先に浮かぶのどかな群島も街の一部。景観法で建築物の高さが制限されているため、中心街にすら摩天楼はまったく見当たらず、道幅も広いのでせせこましさが感じられません。さらに、繁華街でもBGMをかける店舗は少なく、冬場は地面に積もった雪に音が吸収されて、建物の外も内も驚くほど静かな印象を受けます。


限られた滞在日数ではつい焦って駆け足観光をしがちですが、ヘルシンキではまさに映画『かもめ食堂』の世界そのものの、ゆったり、のんびりとした雰囲気を五感で大切に味わうことこそをいつでも心がけてください。フィンランドの首都ヘルシンキ観光は、いずれもセントラル付近から徒歩やトラムで簡単にアクセスできる場所ばかりなので、空き時間を活用して、市内ホテルから気軽に足を延ばすことも可能です。

2017年12月6日 フィンランド共和国 独立100周記念
フィンランド独立宣言は1917年12月6日にフィンランドで採択された独立宣言。
フィンランドの立憲君主制国家としてのロシア帝国からの独立と、完全自治を宣言しました。

フィンランドは2017年に独立100周年を迎えます。1917年12月6日、議会は独立を宣言しました。

この記念すべき年に、フィンランド国内をはじめ世界中で、たくさんの行事やイベントが開催されます。日本でも文化行事やフィンランド関連のイベントが数多く予定されています。

フィンランド独立100周年の合言葉は「一緒に/ Together」。日本国内のフィンランド人をはじめ、フィンランドの友人の皆様、一年を通して開催される祝祭に是非ご参加ください。様々な分野のイベント主催者や参加者が、この祝祭の一員となり、共に喜びを分かち合ってくださるよう望みます。

【出典先】フィンランド共和国大使館
公式ホームページより

http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?nodeid=50019&contentlan=23&culture=ja-JP

Check out our "Time to Study" video! In this video we have captured the great study environment and outstanding facilities that you can find at universities and universities of applied sciences all over Finland.

世界で最も幸せな国は
フィンランド!国連調査で…
日本は54位でした!


国連は2018年3月14日、「世界幸福度報告書2018」を発表しました。150か国を超える調査対象国のうち、昨年5位だったフィンランドが第1位に選ばれました。最下位は東アフリカのブルンジで、日本は昨年の51位から54位に後退しています。(日本はG7では最下位です)

調査では、国ごとに過去3年、毎年約1000人の調査対象者に対し、「自分の幸福度が0~10のどの段階か」を聞きました。
収入など各国データを用いて、その数値となった要因を分析しています。 上位10カ国は北欧5カ国とスイス、カナダなどが占めています。

フィンランド社会保険庁事務所(Kela)が2年間のベーシックインカム試験導入を開始して、4カ月が経過ました。ベーシックインカムは、生存しているだけで現金を受給できる富の再分配システム。対象となった2000人の受給者の中には、既にストレスの軽減を報告している人たちもいる。受給者が毎月受け取る600ドル(約6万8000円)は金額的に多くないかもしれないが、人々の不安を和らげるには十分な額とのこと。

【出典先】*幸福度研究所(The Happiness Research Institute)2017年の結果による「世界で最も幸せな国」ランキング・パリ時事より

所得や学歴より「自己決定で選択する自由」が
幸福度をあげると2万人を調査で分かりました!


国連の2018年世界幸福度報告書では、日本の主観的幸福度は54位と低位にありました。幸福度に影響を与えている要因は、所得、学歴、健康、人間関係など様々考えられます。1970年前後から所得水準と幸福度が必ずしも相関しないことが指摘され、幸福度研究が注目されていますが、何がどの程度影響しているかは未だ明確ではありません。


神戸大学 社会システムイノベーションセンターの西村 和雄 特命教授と同志社大学経済学研究科の八木 匡 教授は、国内2万人に対するアンケート調査の結果、所得、学歴よりも「自己決定」が幸福感に強い影響を与えていることを明らかにしました。そこでこの研究では、独立行政法人経済産業研究所における「日本経済の成長と生産性向上のための基礎的研究」の一環として、楽天リサーチを通じて実施した「生活環境と幸福感に関するインターネット調査」(2018年2月8日~2018年2月13日) の、国内約2万人のアンケート結果を元に、幸福感と、幸福感を説明する重要な要因を分析しました。この研究成果は、9月12日に行われる神戸大学経済経営研究所創立100周年記念連続シンポジウム「幸せの計り方」で西村特命教授により講演され、また、独立行政法人経済産業研究所のディスカッション・ペーパーとして公開されます。

WHR-500.jpg

年齢との関係では、幸福感は若い時期と老年期に高く、35~49歳で落ち込む「U字型曲線」を描きました。所得との関係では、所得が増加するにつれて主観的幸福度が増加しますが、変化率の比(弾力性)は1100万円で最大となりました。
また、幸福感に与える影響力を比較したところ、健康、人間関係に次ぐ要因として、所得、学歴よりも「自己決定」が強い影響を与えることが分かりました。これは、自己決定によって進路を決定した者は、自らの判断で努力することで目的を達成する可能性が高くなり、また、成果に対しても責任と誇りを持ちやすくなることから、達成感や自尊心により幸福感が高まることにつながっていると考えられます。


日本は国全体で見ると「人生の選択の自由」の変数値が低く、そういう社会で自己決定度の高い人が、幸福度が高い傾向にあることは注目に値します。企業における「キャリアパス制度」も選択肢の多い方が、より従業員のエンゲージメントが高まり、モチベーションアップにつながるなと感じました。「キャリアパス制度」とは、企業の中でどのような仕事をどれだけ経験し、どのようなスキル・能力を身に付け、どのようなレベルに到達すれば、どのように昇進できるのか。こうした条件や基準を明確にし、社員が主体的に目標に向かうための取り組みを促すシステムです。
つまり、「キャリアパス」は、一つの企業の中で、どのようにステップアップし、昇給・昇進していくかを表した道筋のことを言います。
キャリアパスを「CAN(得意、専門分野)」「MUST(役割、期待や課題)」「WANT(希望、やりたい方向)」の3つの選択肢の中で整理していき、20代、30代、40代、50とそれぞれの年代層に応じて今後の自分の得意分野や専門性を活かした職種が選択できる人事制度があれば離職率も下がる効果があると考えます。キャリアを自分で選ぶ時代になっていることは確かですね。

【出典先】*神戸大学「幸福感と自己決定―日本における実証研究」著者:西村 和雄氏・八木 匡氏より http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2018_08_30_01.html
*国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2018」2018年3月14日発表より一部抜粋参考にして掲載

2019年「世界幸福度ランキング」発表!
フィンランドが2年連続、世界1位!日本は昨年54位から58位に!

毎年3月20日は国連が定める国際幸福デーです。
この日に合わせて国連の関連団体が「幸福度ランキング(Ranking of Happiness)」を含む最新の「世界幸福度レポート 2019(World Happiness Report 2019) 」を発表しました。今回の調査対象は156ヶ国。1位は2年連続となるフィンランドで、上位10ヶ国の半数は教育や福祉の充実した北欧諸国が占めました。
日本は2017年が51位、2018年は54位で、今年は58位と2年連続で下落。
各国の国民に「どれくらい幸せと感じているか」を評価してもらった調査に加えて、GDP、平均余命、寛大さ、社会的支援、自由度、腐敗度といった要素を元に幸福度を計っています。7回目となる2019年は世界の156カ国を対象に調査。

【世界幸福度ランキングトップ10】
1.フィンランド
2.デンマーク
3.ノルウェー
4.アイスランド
5.オランダ
6.スイス
7.スウェーデン
8.ニュージーランド
9.カナダ
10.オーストリア

【出典先】*World Happiness Report 2019 (MARCH 20, 2019)より
 http://worldhappiness.report/ed/2019/ 

© 2016 NPO,Finland method Human Resource Development Institute 

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus
  • w-youtube