Suomalainen kansalliskeittiö (48).JPG

フィンランドの食文化を学ぶ

 Finnish national cuisine Suomalainen kansalliskeittiö
フィンランドは「森と湖の国」と言われるほど、自然に恵まれています。
そのことから長い狩猟の伝統があり、鹿やトナカイ、ウサギなどの肉が食べられてきました。
また、家庭でもベリーやキノコを森に摘みに行き、料理に使われています。
ヨーグルトなどの乳製品も多く使われます。ボスニア湾やバルト海からはサーモンやニシンなどが獲れ、魚料理も多くあります。主食はライ麦、大麦などの全粒穀物を使ったパンやオートミール粥が食べられています。フィンランド料理はライ麦や大麦、オート麦など全粒穀物のほか、ブルーベリーやコケモモ、ホロムイイチゴ及びシーバックソーンといったベリーを用いることで知られています。また、牛乳・乳製品も食品や飲料はもとより用途は幅広いのが特徴です。

Finnish food culture
Finland’s cuisine is built around fresh, natural ingredients gathered straight from the waters, fields and forests.Get to know the local ingredients and delicious dishes you simply can’t miss when visiting Finland.
Finns are known as leaders of research and innovation. But when it comes to food, they tend to favour tradition. Finnish cuisine differs from neighbouring Scandinavian countries because it has one foot on either side of its borders – Russia in the East and Sweden in the West.
Since day one, the Finnish diet has been built around surviving the harsh conditions of our northern climate. Growth seasons are dictated by the cold, meaning many local products are only available for a limited amount of time.
These days, you can buy just about anything your heart desires in Finland. But go local while you’re here, and you’ll be in for a treat!

Citrus
Suomalainen kansalliskeittiö (45).JPG
Sphere on Spiral Stairs
Suomalainen kansalliskeittiö (11).jpg
Suomalainen kansalliskeittiö (1).jpg
Green Juices
Citrus Fruits
Finland Food Culture (2).jpg
Finland Food Culture (3).jpg
Suomalainen kansalliskeittiö (5).jpg
Suomalainen kansalliskeittiö (37).JPG
Food and Drink
Suomalainen kansalliskeittiö (9).jpg
Green Juices
Suomalainen kansalliskeittiö (6).jpg

◆ヘルシンキのミシュラン星付きレストラン「Grön」 ご紹介

こちらのお店では植物中心の料理にフォーカスし、おいしくてクリエーティブな内容を高質な食材を元に作っています。店内の雰囲気に関しても、お客さまがリラックスでき、心が暖かく感じ、楽しくいられる空間に作ることで料理がよりおいしくなりますです。旬の食材、有機食材、自然育ちの食材、北欧産の食材を厳選して料理を提供。
旬の食材によって当日のメニューが決まります。

Finland Helsinki Gron.jpg