在宅勤務になったらリモート・オンライン研修やりませんか?

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対応した「フィンランド式リモート・オンライン研修」のご案内 
新人向けの集合研修をオンラインで実施する「新入社員研修」が人気です。個別にカスタマイズした研修の設計サービスもご提供。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)の導入が多くの企業で検討されています。
動画を見ながらZoomを活用したオンライン研修体験で効果を実現する「フィンランド式人材開発」をぜひご検討ください。

社員の集合研修の代替案!「リモート・オンライン研修」

NPO法人フィンランド式人材育成研究所では、企業研修講師の派遣やオンライン会議システムを利用したオンライン研修、動画を活用した社員研修の実績があり、そのノウハウを組み合わせ、リモート・オンラインでの効果的な研修の提供・提供支援を行うことができます。
①オンライン研修ならではの研修体験・効果を実現した新たな
    人材開発のご提供。
②集合研修のコンテンツを再編成したリモート・オンライン研修(Zoom等の使用するオンライン・ミーティング・ツール)
クライアント企業様のご要望に応じた研修プログラムデザインに加え、これら運営ノウハウもパッケージングしたソリューションを提供することができます。
これから必要に迫られてくる在宅勤務の社員様に向けた能力開発の「リモート・オンライン研修」をぜひご検討ください。

​【Zoomの写真はイメージです】

■リモート・オンラインのサービス概要

1.新卒から幹部までの階層別 企業研修

【導入事例】
 ・新入社員ビジネス導入研修・新入社員フォローアップ研修

 ・若手社員研修・管理職研修・キャリアデザイン研修

 ・モチベーションアップ研修・営業担当者のための販売スキル研修

 ・女性リーダー研修・ビジネスコミュニケーション研修など
【プログラム】
 ・1テーマ、1コマを3時間の内容で組み合せ。(1日最長7時間まで)

 ・階層別にあった研修内容
新入社員やベテラン社員、管理職など、社員の年次や階層によって仕事の内容や求められる質が異なるように必要となるスキルのレベルも違います。リモート・オンライン研修で各人に合わせた個別フィードバックを受けることで、適切なタイミングで適切な人材育成を施すことができ、社員一人ひとりの成長を大きく促進することが可能となります。 
 
2.社員の個別キャリア面談【キャリア・コーチング指導】

【導入事例】
 ・管理職(幹部社員)の課題解決個別指導

 ・入社3年目のキャリアビジョン個別指導

 ・入社5年目(28歳)のキャリアビジョン個別指導
【プログラム】
 ・事前に相談したい課題のレポートをご提出いただき、個別のキャリア
  面談を行います。
 ・お1人様の所要時間は最長45分(相談に応じます)

3.採用面接官の業務委託

【導入事例】
 ・新卒採用面接(初期段階面接・最終面接)

 ・中途採用(初期段階面接・最終面接)
 ・クライアント様との共同面接で、応募者お1人様、基本20分

 (相談に応じます)

 ・弊社側の面接官がリードして質問致します。

■リモート・オンラインの使用ツール

・Zoom(Zoom Video Communications社)アプリを使用。
・お申し込みいただきました企業様に対し後日、研修講座のURLを送信。

■料金および受講人数

【社員研修】
 ・講師料は、1コマ(3時間)参加者様1名につき20,000円(消費税 別)
 ・受講者数は、1テーマにつき5名様以上10名様単位でお願い致します。

【個別キャリア面談】
 ・お1人様(45分)10,000円(消費税 別)
 ・面談者数は5名様以上でお願い致します。

【採用面接代行】
 ・応募者お1人様(20分)5,000円(消費税 別)
 ・応募者数は10名様以上でお願い致します。

​リモート・オンライン新入社員研修の受講感想

■今回はリモート・オンライン研修で、発表も画面越しでしか行えませんでした。しかしながら、PREP法などのプレゼンテーションの方法で研修の初めよりは話すことができるようになったと思います。次のフォローアップ研修では今回学んだことなどを実際に活かせるような研修を受講したいです。
説明もパワーポイントも理解しやすかったです。

■リモート・オンライン研修でしたが、これから社会人として働いていくための自覚というか覚悟が少しできた気がします。ありがとうございました。

■研修を通して、学んだこと・気づいたことはたくさんありますが、その中でも最大のものは、学んだことをすぐに実践・アウトプットすることの重要性です。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がるように、気づきをスキル・知識として定着させるには、即実践・即アウトプットだと感じました。

■ポジティブに物事を考え、相手の期待に応えるために行動することは、今後の仕事に活かしていきたい姿勢です。基本的に自己完結型の生活の学生時代とは違い、ビジネスでは、相手本位の生活になるため、価値観の相違など様々な問題に直面すると思いますが、ポジティブに相手のことを思って行動することで、直面した問題を乗り越えられると思います。

在宅勤務になった新入社員の育成を考える新しいカタチの研修
・テレワーク、在宅勤務でも集合研修と同じ体験ができる効果
・リアルタイムなので講師への質疑応答ができる効果
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に対応した「新入社員リモート・オンライン研修」のご案内
入社したばかりの新入社員を研修もなく、いきなり現場に配属するのは、現実には難しいでしょう。
現場もテレワークの導入やコロナ対応に追われ、社会人や業界の基礎知識が身についていない新入社員を迎える余力はなさそうです。
やむなく新入社員たちに自宅で待機してもらうとしても、無為に過ごすことになっては彼らのモチベーションが落ちてしまいかねません。
せっかく採用した優秀な新卒社員が早々に辞めてしまう事態は避けたいところです。
どうすれば新入社員たちをウイルス感染のリスクにさらすことなく、入社直後の時期を実のあるものにできるのか?
日々社会の状況が変わり、会社のコロナへの対応方針が厳しくなっていくなかで、人事担当者の方々は頭を抱えています。

そこで今年の4月から新サービスを開始した新人向けの集合研修の代替、「新入社員リモートオンライン研修」。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)の導入が多くの企業で実施されはじめています。
動画を見ながらZoomを活用したオンライン研修体験で効果を実現する新しいカタチの新入社員研修をぜひご検討ください。

 

厚生労働省「働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)」

お急ぎください!
テレワークで社員研修の助成金申請
※交付申請は事後でもOKです。
各種制限がありますので申請に際しては必ず事前にご確認ください。また、「人材開発支援助成金(正社員-Off.JT)」と併給は可能です。

新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース創設
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html
 

【助成対象の取組】
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主 ※試行的に導入している事業主も対象となります
 ・テレワーク用通信機器(※)の導入・運用 ・就業規則・労使協定等の作成・変更 ・労務管理担当者に対する研修
 ・労働者に対する研修、周知・啓発 ・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等
  ※ パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません
【主な要件】
 ・事業実施期間中に助成対象の取組を行うこと ・テレワークを実施した労働者が1人以上いること
【助成の対象となる事業の実施期間】

 ・令和2年2月17日~5月31日
【支給額】

 ・補助率:1/2(1企業当たりの上限額:100万円)
【申請期限】
 ・交付申請:令和2年5月29日(金)・支給申請:令和2年7月15日(水)
【お問い合わせ先】
 ・テレワーク相談センター
  電話:0120-91-6479(受付時間:平日9:00~17:00)
     住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1‐8‐11 東京YWCA会館3階
     ただし、通信料は発信者負担になります。メールでもご相談を受け付けています。sodan@japan-telework.or.jp

 

テレワーク導入に関する研修会であれば助成対象になります。講師料は10万円までとなります。(助成金額は1/2の5万円)

新入社員研修で、「社会人基礎力」などの項目はテレワークと関係のない一般的な内容となり、対象にはなりません。

詳しくはこちらのサイトをご確認ください。 
https://japan-telework.or.jp/teleworkcourse_tokureishinsei_qa/
※上記掲載情報は令和2(2020)年4月16日現在の各法令・政府通達によるものです。

© 2016 NPO,Finland method Human Resource Development Institute 

  • フィンランド式facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus
  • w-youtube